社会人留学 〜どうして留学に来たのか〜

こんにちは、TAKAです。

大学を卒業して、就職してから留学にくることは、

色々な制約から難しいと言われることも多いです。

私は、幸いなことに今、留学することができてます。

ですが、社会人の方はわかるかもしれませんが、

会社を辞めて留学しようって結構ハードル高いですよね。

前職を辞める時にも、

留学してどうするの?
英語は日本でも勉強できるよ?
帰ってきてから就職大変だよ?
もう少しキャリアを積んでからの方が良いんじゃない?
本当に今しなきゃいけないの?
結局何がしたいの?
どうして?
なんで?

等々…………

色々なことを言われました。自分の中でのハードルの高さだけでなく、

世間のイメージもネガティブなものが相当多いです…..

pexels-photo-48566
生きづらい世の中だぜ…..

じゃあ、どうして留学にきたのか。

まぁ、正直留学に来た理由は自分の中でも曖昧でした。

大学卒業して、新卒で働き始めた頃から、いつか留学できたらいいなぁー、できるかなぁー程度に考えていました。

結局のところ、

・英語がもっと話せるようになりたい。
・海外で生活、仕事がしてみたい。

とか平々凡々な理由が根底にはあったかと思います。

仕事が慣れてくるごとに、毎日、朝早く起きて満員電車に揺られて、

会社に着いて、9,10時まで仕事をして、

(時々飲んで)、12時前後に家に帰る、そして寝る。ありがとう”My 社畜 LIFE” の繰り返し。

その生活に嫌気がさしてきたというのも正直ありますね。

gater-rush-city-urban-75561
通勤ラッシュきついですよね。今振り返っても辛い。

でも、そんな感じのことは、誰でも一度は思ったことがある程度のことで、

実際に会社を退職して、留学しよう!と踏み切るまでには至りませんでした。

前職の職場も、とても良い人が多くて、

仕事自体もノルマ!ノルマ!といわれることは多かったですが、

そこまで嫌いではありませんでした。

ある程度居心地が良い職場で、このまま長くつとめてもいいなぁとは思っていました。


きっかけは社会人2年目の4月。(わりと早め笑)

軽い病気(?)になって2ヶ月弱入院をしました。

手術も2回受けて、1回目の手術は緊急手術という感じで、

救急車で搬送されてすぐに手術を受けました。

当時は苦しくて意識が朦朧としていて、あまり覚えていないですが、

振り返ると大変だったなぁと感じます。

手術が終わって、2日間集中治療室を経て一般病棟に移りましたが、

救急車から集中治療室までの3日間は、

ほんとうに一瞬のできごとのように今では思います。「ほんとドラマかよ」

手術が成功したあとで、主治医の先生から

「あと少し遅かったら、わからなかった。ガハハハッ」

pexels-photo-721166

とドラマみたいなことを言われた時は、めちゃめちゃ怖かったです。

それまでに、幸いにも、自分の<身近な人の死>を経験したことがなかったので、

その時は「あ!人間っていつかは死ぬのか。」ということと、

「あ!自分もいつかは死ぬのか。」と、至極哲学的なことを感じました。

それと同時に「あ、このまま死んだら、絶対後悔するわ、俺」って思いました。

そうして、それから約2ヶ月間、麻酔や薬の副作用で苦しみながらも、

ぼーっと病室の天井や、病室からの景色を見て、

理由はなんであれ、今、留学に行きたいと思ってるなら、
色々な準備(貯金etc)が整ったらすぐに留学に行こう!

と決意したのでした。

もちろん、その後、実際に留学に来るまでの約2年間で環境や考え方も少し変わって、

葛藤はありましたが、その入院時に感じた想いがずっと強くありました。

だから、どうして留学にきたのか、明確にはこれって理由はありません、


「ただ、なんとなくでもやりたいと思った、

行きたいと思ったから。」


それが理由です。

今振り返って、色々後付けの理由をつけることはできるけど、するつもりはありません。

そう思って、留学にこれる環境にあったというもの、

自分はとても運がよかったのかもしれません。

一度、社会人になってからの留学、色々思うところはあるかと思いますが、

出てきてしまえばなんとかなります。


どうして大学留学?

ぶっちゃけ漠然と留学がしたいと思っていたので、

留学の方法が、語学留学でも、ワーキングホリデーでも、インターンシップ留学でも

そして、大学・大学院留学でも何でもいいと思ってました。

ただ、やっぱり一度社会人になってからの留学、

世間で持たれてるネガティブなイメージを少しでも減らせるよう、

日本に帰国したときに、英語力だけでなく、ビジネスレベルの英語力はマストで、

プラスαで何かスキルを得られるような形で留学がしたいと考えた結果、

時間は数年かかってしまいますが、大学留学(もしくは専門学校/カレッジ)にしよう!

というふうに決めました。

pexels-photo-261909

それと、人材紹介会社に勤めていた手前、どうしても日本に帰国したときの履歴書の

見え方を気にしてしまい(職業病)、大学卒業の学位がもらえるのは、

語学学校やワーキングホリデーよりも数倍強いと思ったというものあります。

「えーっと、今25歳だから大学留学して、日本に帰国した時は、

28歳でしょ?!日本での社会人経験3年、海外大学卒(予定)、英語堪能(願望)の予定だから、

ぎりぎり日本社会復帰できるぞ!フハハハァッ!」

(私の頭の中での、安易な考え笑)

また、日本の大学に通っていた時に、アメリカで短期留学をしていて、

「語学学校に行く」ということのメリットがある分、

デメリットもいくつかあるということも感じていたので、

もう語学学校は行かなくていいかなと思っていました。

(語学学校については、また別の記事でまとめようと思います)


どうしてオーストラリア?

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど、いくつかある英語圏の国のなかで、

オーストラリアに留学先を決めた理由は、

  1. オーストラリアの温暖な気候・自然。多民族国家。

  2. 学生Visaでも週20時間まで働くことが可能。

  3. 英語圏の中で日本から1番近い。時差も最大で2時間。

という3つが主な理由です。

sydney-opera-house-harbor-city-sunset-161878
まず、オーストラリアと言えば"広大な土地"と"1年中温暖な気候"というイメージがあります。

実際、オーストラリアにも冬はあり、気温も結構下がりますが、日本よりも1年を通して、

過ごしやすそうだなというイメージがありました。また、オーストラリアは、

多民族国家で、さまざまな国籍・バックグラウンドの人が生活しており、

他の国と比べて、人種差別などが少ないと聞いたのもいいかなぁと思った理由の1つです。


2つ目は、学生Visaでも週20時間までアルバイトができるということ。

正直これが1番の理由です。これは、国問わずだと思いますが、

大学留学って、すごく高いです。泣けます、はい。ボッタくりです。。。

私は、既に日本で大学を卒業して、社会人をしてから留学にきていることもあり、

学費/生活費等の諸費用は全て自己負担です。もちろん余裕はありません(泣)。

例え、週20時間と言えども、収入が得られることは、とても大事です!

ホリデー(休暇)期間中は、無制限で働くことができるので、

働き詰めの毎日を送ることで、ある程度、学費/生活費の足しになります。

ありがとうMy 社畜 LIFE again in Aus!!

black-and-white-alcohol-bar-barkeeper
頑張れ、頑張るんだ、俺!!

オーストラリアは、ワーキングホリデーの渡航先としても人気なので、

日本食レストランなど日系のお店も多く、仕事自体は容易に見つけることができます。

アメリカでも働くことはできるようですが、大学キャンパス内のみで競争率が高く、

見つけみくいというネットの噂をいくつか見つけたので、真偽は不明ですがやめました…

(というかアメリカはまず学費が高すぎて無理でした………)


最後の理由は、日本から近いこと、時差がないことです。

これは、アメリカに留学していた時に感じたことなのですが、

時差が大きいことって、結構不便です。日本の家族や友達との連絡は取りずらいです。

知り合いとの連絡の他にも、例えば日本の携帯会社や銀行、クレジットカード会社etc…に

なにかと連絡しないといけないことがでてくるのですが、もちろん、時差があっても

営業時間は日本時間基準なことが多いので、緊急ですぐ連絡したいっていうときに

営業時間外だと不便です。また、オーストラリア(シドニー)は東京から直行便が

毎日3便でており、航空券の値段も時期によりますが、

だいたいAU$1,000前後と他の英語圏の国と比べて安いです!

pexels-photo-723240-1

と、まぁ色々な経緯はありますが、以上が簡単にではありますが、

社会人留学、大学留学、オーストラリア留学にきた理由です。

いやー、人生なにがあるかわかりませんね。

これからどうなってしまうのやら……….